数式表示のテスト

前のエントリをいつ書いたのかすっかり忘れてしまうほど間が開いてしまったが、11月はばたばたと忙しかったので、すっかり放置してました。なかなか時間がとれないというか本を読みふけると何もできないということがわかったので、不定期更新となります。

さてずいぶん前にGoogle Chartに数式を表示するAPIが実装されました。LaTeX形式の数式をAPIに投げるとイメージがかえってくるというなかなか優れものなのですが、404 Blog Not Found:#google - chart APIで数式表示おそらくはそれさえも平凡な日々 - ブログ上に数式を参考にJavascriptで数式を表示できるようにした。副作用でjquery.jsと共存できなさそうLiteBoxが使えなくなってしまったが・・・ jquery.jsで実装されているlightbox-jquery.jsに全面的に切り替えてみた。

いろいろ例を・・・

$$ \zeta (s) = \sum^{\infty}_{n=1} { 1 \over {n^s}} $$
$$ \frac{1}{\sin\theta} \frac{\partial}{\partial\theta} \left( \sin\theta \frac{\partial Y}{\partial \theta} \right) + \frac{1}{\sin^2\theta} \frac{\partial^2Y}{\partial\phi^2} + \lambda Y = 0 $$
$$ Y_{l}^{m}(\theta, \phi) = (-1)^{(m+|m|)/2} \sqrt{ \frac{2l+1}{4\pi} \frac{(l-|m|)!}{(l+|m|)!} \,} P_l^{|m|}(\cos\theta) \, e^{im\phi} $$
$$ F(x,k)=\int^{x}_{0} {\frac{1}{\sqrt{(1-t^2)(1-k^2 t^2)}}dt}=\int^{\phi}_{0} {\frac{1}{\sqrt{1-k^2\sin^2\theta}}d\theta} $$

以前mimeTeXを使っていたときはそこそこきれいではあるものの満足はいかなかったが、このスピードでこのくらい綺麗にかけるのであればおおむね満足かなあと。定積分はなんかおかしいが・・・ Blogで数式を書く機会があるのかどうか、これでおしまいかもしれない。ならないようにしたいところだ。

2011年11月5日追記: 一時Google Chartの数式を使っていたのだが、MTOSのメジャーバージョンアップの際に使っていたJavascriptのソースをなくしてしまって、ずっと数式表示ができなくなっていた。結局jQueryのライブラリのjsLaTeXを使うことになった。これはLaTeX処理を外に出して画像をもらってきているせいか、表示が美しく、それでいて軽い。その上にブロック要素のclassにlatexを設定すれば、数式がそのまま書けるなかなか使い勝手がよいツールである。今後はこれを使うことにする。

2014年11月30日追記: Blog環境をOctopressに変更した。その際にMathJaxを呼び出すようにした。昔ほど苦労は無くなった。

2018年も今日でおしまい

## はじめに2018年も気がついてみれば大晦日。今年も昨年までと同様の書き出しで・・・ 年末はこのサイトを運営しているサーバーが危うく死にかけたということを除けば、さほど大したネタもなかったので、のんびりとした大晦日を迎えることとなった。例年通り、残り時間を気にしてこの記...… Continue reading

zfs HDD入れ替え

Published on December 28, 2018

MacBook Pro 13inchの設定

Published on November 28, 2018