2002年02月05日 火曜日

デジカメで撮影した写真を手軽にプリントするためにいろいろと紙を試している。うちのプリンタはEpsonのPM-900Cなので、それなりに紙を選べばそれなりの絵に印刷できる。いきなりA4の紙を買うのももったいないので、A6とか2Lサイズの紙を購入して、チェックをすすめている。

印画紙のような質感が欲しいので、Epson純正の紙はやめて、試したのは、富士フィルムの「画彩・写真仕上げ」とコニカの「PhotolikeQP フォト光沢厚手DX」である。どちらも使うときは「光沢フィルム」で使うのがミソ。そうでないと質感のある絵にならない。で、使ってみた印象はコニカの方が若干赤っぽいと言うか、人物写真(ポートレート・スナップ)にはいいのかもと思っている。まぁ趣向の問題かも知れないが。いろいろ試してみたいと思う。無論デジカメでもフロンティアで出力した方がいいのは当り前である。

2018年も今日でおしまい

## はじめに2018年も気がついてみれば大晦日。今年も昨年までと同様の書き出しで・・・ 年末はこのサイトを運営しているサーバーが危うく死にかけたということを除けば、さほど大したネタもなかったので、のんびりとした大晦日を迎えることとなった。例年通り、残り時間を気にしてこの記...… Continue reading

zfs HDD入れ替え

Published on December 28, 2018

MacBook Pro 13inchの設定

Published on November 28, 2018