つらつらと「エースをねらえ!」を読む。

気晴らしに読むマンガではないと思うが、山本鈴美香さんの「エースをねらえ!」は、いつも得るところのある、最近のマンガにはない含蓄に富むというか、文学的なマンガである。で、こんな言葉を見つけてみた。いつもながら桂コーチの台詞ではあるけれど、「昔、剣術の極意に曰く、『勝に不思議の勝あり、負に不思議の負なし』 負けるときは常に負けるべくして負けるが、勝つときは、本人が不思議に思うような勝ち方をすることがある。」と言った具合である。なるほどと思うのであるが、常に「不思議の勝」を期待するのは問題であろう。

組織的な戦いの場合、「勝つためのあらゆる努力を惜しまない」のは「戦う前」にすることで、戦略的劣勢を戦術的勝利で覆すことはできない。その辺が「負けるべくして負ける」と言うところであろうか。最近そう思って止まない。できれば、楽して良い状態に持っていきたいものね。

2017年も今日でおしまい

2017年も気がついてみれば大晦日。今年も昨年同様、なんとなく年末に大きなネタもなかったので、のんびりとした大晦日を迎えることとなった。例年通り、残り時間を気にしてこの記事を書いているわけだが・・・まず写真関係。一言でまとめると。昨年に引き続き、ポートレート三昧な1年となっ...… Continue reading