2002年08月19日 月曜日

woodyインストール その2

機能の話題の続き。うちのVAIO C1VR/BP(PCG-C1VR/BP)にDebian GNU/Linux 3.0(woody)をインストール。結局、Linux User 2002年9月号に付属のCDROMで再インストールする事にした。最近自宅のネットワークの調子がいまいち良くないので、apt-getするのがめんどくさかったわけだ。

使用したフレーバーはbf24、CDROMブートパラメータは ide1=0x180,0x386とすれば、付属のCD-ROMドライブでブートしてインストール可能である。あとは出て来るメッセージの通りにインストールであるから簡単だ。ただなまぐさついでにtask-selにて以下のタスクを実行した。

  • X Window System
  • desktop environment
  • games
  • laptop system
  • C and C++
  • Japanese environment

日本語環境をインストールすると冗長と思われる程パッケージをインストールするので、必要な物のみapt-getすべきだろうな。と言う事で、Debianのインストールも簡単な物で何も問題なく終了した。

X Window Systemのインストールは変則的な解像度(1024x480)のため、手動でXF86Config-4を書けばいいのであるが、雛型を作らせて修正するのがいいのかも。なまぐさな人(自分の事だな)のために、XF86Config-4.gzをおいておくので、自己責任で使って欲しい。編集の基本は、MonitorセッションにModelineを設定するだけで良いが、詳しくは上記ファイルを参照。

あとEmacs 20.7を使う気はもうさらさら無いので、Emacs 21.2をインストールしてEmacs 20.7はアンインストールした。Wanderlustをインストールしたところで、疲れてしまったので今日はここまで。ユーザー環境はこんな感じになる。(root windowのそのままの画像だ。)

X on Vaio C1VR/BP

Mazda Roadsterふたたび (NC2, RS)

そう言えば・・・横浜に引っ越してきて丸9年になる。転勤してくるときにこっちは駐車場も高いし、通勤には使わないし、維持費もかかるので、車に乗らないようにしようと決めて、当時乗っていたMazda RX-8を結構あっさり手放したのであった。記録([2004年01月16日記事](h...… Continue reading

Profoto B2の色温度の話

Published on October 31, 2017

2016年も今日でおしまい

Published on December 31, 2016