2003年10月14日 火曜日

日帰り出張

今日は某社まで日帰り出張です。(アンカー打って良いのか?) つ、疲れた。

SICP

先日某MLで話題になった「計算機プログラムの構造と解釈」を仙台の書店で探索したのだが、ここ最近の仙台の書店で欲しいと思った本はすべて在庫として持っていないことが分かった。この本も見つけられなかったので、八重洲ブックセンタにて購入。(ここでも危うく見逃すところだった。) この本は巷で「Wizard Book」と呼ばれている有名な本である。

原書は「Structure and Interpretation of Computer Programs」で、本文はWebで読むことが出来る。非常にありがたい本なのである。原書のWebを読めば分かると思うが、僕の貧しい英語力でも文章の良さを理解できる非常に素晴らしい文章なので、出来れば原書を読むのが正しいと思う。この本を日本語で読めるという_気軽さ_も必要だと思うので訳書を購入。おそらく原書も買うことになると思う。

僕の経験では、国内の著者が書いた自然科学・工学の分野の日本語の教科書で_文章の良さを感じる_本を_読んだことがない_。僕の貧しい英語力で英文の素晴らしさを感じることが出来る教科書を見てしまって、思わず日米の教育水準の違いに愕然とせざる得ない。(ちなみに前回愕然としたのは「Feynman:Lectures on Physics」で、ちらちら読んだのはもう10年以上前の話だ。) こういうあたりに国語教育の問題点(物を書く教育をしないことや、読むことに関しては小説の偏重していることや、論理的な討論をする演習をしないことなど、他にもいっぱい)を見いだしてしまうのだが、そんなことを言っても僕の国語力もかなり怪しいので、こういうComfortableな文章を読みあさって日本語にフィードバックするしかないのですな。精進が必要ですな。

話がそれてしまったが、一言で言えば_この本は凄い本_である。(おおざっぱな意見すぎて失礼すぎるか。) 内容は難しいと思うが、こんなに面白いと思って読める本はなかなかない。SchemeなどのLISP系な言語は実際の仕事に直接役立つかと問われれば、おそらくすぐには役立たないと思う。ただ_役立つ/役立たないという思考軸だけが世の中の本質ではない_と思うのである。_読んで・手を動かしてソースを書いて楽しい・面白い_ということの方が遙かに重要だと思うのである。

ということで、しばらくこの「魔法使いの本」を読みつつ、魔法使いの弟子になってSchemeの呪文で遊ぶことになりそうである。もしCやC++やJavaやVBでしかプログラムを書いたことがないと寂しい経験しか持っていないと言う人には、_全く異なる物の考え方_をかいま見るためにもこの本を読んで、LISP系の言語をさわるべきなのかなとLISP万年初心者の僕も思うのだから、必読の書といえるのだろう。

帰りの新幹線でひたすら読む。1.1.4 Compound Proceduresあたりからだんだん深みに誘われてくる。とりあえず、帰りの新幹線で読んだ範囲で目から鱗だったのは、1.2.2 Tree RecursionのFibonacci数列の計算で、再帰を使った計算はFibonacci数列の漸化式から理解できるのだがこれは非常に効率が悪い。Fibonacci数列の計算を反復的なステップで計算するあたりでなるほどと思い、1.3 Formulating Abstractions with Higher-Order Proceduresで、Schemeの教科書を読んでいまいち想像が沸かなかった高階手続きといままでLISP系の本を読んでlambda記法のありがたみがいまいち分からなかったが、何となく見えてきたこと。理解するためにちゃんと手を動かさないと駄目だと思ったところ。とりあえず第1章だけでも読んで手を動かすところ満載なのである。

軽井沢ミーティング2018に参加

軽井沢ミーティング2018に初参加! 天気良くてよかった!さすがに5月末の週末は本当に天気が良い。Roadsterのイベントは前日入り出来る場合は可能な限り前日から参加している。主催者発表による今回の参加者は1975人、車はは1,002台。内訳は、NAは37%、NBは22%...… Continue reading

2017年も今日でおしまい

Published on December 31, 2017

Profoto A1の色温度の話

Published on December 21, 2017