今日は飲み会

今日は職場に配属になった新入社員のみなさんと、前回の歓迎会から今回の歓迎会までに中途採用された方々(僕も含まれる)の歓迎会でした。ほとんどのみなさんが初めて見る顔だったが、こんなに人がいたんですね…

EOS-1D Mark II登場

5月30日の妙なものというのは、分かっている人には分かっていると思うけども、EOS-1D Mark IIである。

レース写真とポートレートにはまり始めた時にあまりのランニングコスト増の前に、銀塩を取るかデジタルを取るかで、ずいぶん悩んだ末に導入したEOS D30の購入が2001年8月24日、愛用してきたD30を知人のK氏に嫁に出して、EOS 10Dに切り替えたのは、2003年3月21日だから、D30を約1年半、10Dを約1年3ヶ月使ってきたことになるだろうか。だんだん交換周期が早まってきた感じがする。

EOS D30からのレンズ交換できる一眼レフデジタルカメラは、コストパフォーマンスがよく、使いやすい機材だと思うのであるが、使い込んでくるに従いそれなりに不満があることは否定できない。EOS 10Dの場合は、僕個人として絵的な不満はあまりないのであるが、スポット測光が無いとか露出が安定しないとか_やけに露出関係の不満が多い。_ あと強いて言えばシチュエーションによっては色合いが写真より絵っぽい写真になる気はする。まぁこういう事柄はEOS-1D MarkIIを買えば全て解決する話であるので、ここ数年の_自分への褒美_と_これからの働くモチベーションを引き上げる_ために、購入しても良かろうと言うことになった。昨日示した機材は全て売却し購入資金に充てた。(だいたい半分くらいになったかな。)

まぁ道具の性能のレベルが格段に上がってしまったため、写真の出来をカメラの性にできなくなったが、次元の違いをなんとか絵作りに生かしていきたいと思うので、がんがん使い込んでいこう。

充電中でまだ撮影もしてないので何とも言えないが、気に入った点は_付属品としては、マニュアルが持ち歩いてじゃまじゃない大きさになったこと_(10Dのマニュアルのちょうど半分、ストロボ類と同じ)、

触った質感はざらりとしていてしっくり来ること、ファインダーやミラーはでかくてファインダー像は見やすくなったこと(相変わらずスクリーンはだめだけであるが)あたりだろうか。ストラップは幅が広めのものがついていたけど、結局EOS-3で使っていたジェントルストラップを移植。(サンニッパのレンズストラップなどと同じデザインだ。)

立ち上げ、設定

とりあえず気になる設定項目はEOS-1Vとほぼ同じなんだけども、カスタムファンクションはEOS-3での設定を思い出して(メモっておけば良かった…)こんな風に設定してみる。

カスタムファンクション

基本的にEOS-3での設定をコピー。

C.Fn-5: マニュアルモード時のAv,Tv設定 3: マニュアルモードでレンズを外した状態でも絞りとシャッター速度の設定可 C.Fn-9: ブラケッティングの順序 3: マイナス → 標準 → プラス、自動解除しない C.Fn-10: AFフレーム・スーパーインポーズの設定 3: AFフレーム表示を強調 C.Fn-13: AFフレーム数の選択 1: 11点選択 測距点連動スポット測光

パーソナルファンクション

パーソナルファンクションはEOSのデフォ設定で気になっていた部分を微妙に設定。結構便利になるはず。

P.Fn-1: 撮影モードを限定 プログラムを排除 P.Fn-2: 測光モードを限定 部分測光を排除 P.Fn-14: レンズ駆動によるピント検出を行なわない。 サーチAF(ピント検出が出来ない場合に、AFが一往復してピント検出をすること)を禁止マクロや置きピン撮影を前提とした最適化 P.Fn-15: スピードライトのAF補助光を投光禁止 ストロボのAF補助光はいらないだろう… P.Fn-17: AFフレーム自動選択モードを選択できないようにする。 一瞬操作を迷うのと自動選択を使わないので排除 P.Fn-25: クリアボタンで初期化される、初期状態を好みの状態に設定。どうしようかな。こんな感じ?

  • 撮影モード: 絞り優先AE
  • 測光モード: スポット測光
  • ドライブモード: 1枚撮影
  • AFモード: ワンショットAF
  • AFフレームの選択: 中央
  • 記録画質: Large
  • ホワイトバランス: Daylight
  • 現像パラメータ: 標準
  • カラーマトリックス: ポートレート

こんなところでしょうか、First Lightは明日の予定。

軽井沢ミーティング2018に参加

軽井沢ミーティング2018に初参加! 天気良くてよかった!さすがに5月末の週末は本当に天気が良い。Roadsterのイベントは前日入り出来る場合は可能な限り前日から参加している。主催者発表による今回の参加者は1975人、車はは1,002台。内訳は、NAは37%、NBは22%...… Continue reading

2017年も今日でおしまい

Published on December 31, 2017

Profoto A1の色温度の話

Published on December 21, 2017