2004年10月13日 水曜日

矢野 徹さん死去

SF作家であり翻訳家であった矢野徹さんがなくなられたそうだ。享年81歳。僕は矢野さんの自著の小説は読んでいないが、R.A.ハインラインやフランク・ハーバートの砂の惑星シリーズでお世話になった気がします。海外のSF作品を精力的に翻訳し、普及につとめてきた功績は計り知れないとません。天寿を全うされたとは言え、残念でなりません。ご冥福をお祈りします。

そういえば、デューンシリーズは、フランク・ハーバートの死後、途絶えていたけど、今はブライアン・ハーバートがその前編に当たる「デューンへの道」を書いていて、この前デューンへの道はいったんの完結を見て、続編登場かと言うところだったのに… 今度は矢野さんが亡くなられてしまった。翻訳家も2世代に渡るという何ともしれない世界になってきたな。

2018年も今日でおしまい

## はじめに2018年も気がついてみれば大晦日。今年も昨年までと同様の書き出しで・・・ 年末はこのサイトを運営しているサーバーが危うく死にかけたということを除けば、さほど大したネタもなかったので、のんびりとした大晦日を迎えることとなった。例年通り、残り時間を気にしてこの記...… Continue reading

zfs HDD入れ替え

Published on December 28, 2018

MacBook Pro 13inchの設定

Published on November 28, 2018