Donald E. Knuth / 「至福の超現実数—純粋数学に魅せられた男と女の物語

Knuth先生が書かれた「小説」。旧訳があったはずなんだけど本屋で見かけなくなっていた本で、やっぱり版元から切れていたようだ。新訳となってリニューアルしていたようだ。学生時代(多分大学の1年か2年の頃)に読んだ本だけどちんぷんかんぷんでした。僕は数学が_全く_できない人なので…

今読んでみるとコンウェイの理論(で良いのかな)を元に、切断のような概念で数をどんどん作っていくのだが、何にもないところから論理的に実数の体系を作っていく。石版に聖書のはじめの文句のように書かれた文書を解読しながら、数というものはどう言うものかを考えさせてくれる感動的な本だ。ただ論理に付いていくのはかなりきついと思う(僕自身やっぱり半分くらいようわからん)ので、読むには気合いいるけどそんなに長くない本なので、繰り返し論理を追いかけてみよう。非常に面白いと思う。

二ノ宮 知子 / 「のだめカンタービレ(12)

今月出ると言うことをmixiののだめコミュニティの書き込みで見つけていたので、発売日にちゃんと買えた。うーむ、半分くらいは連載を読んでいたので展開は分かっていたんだけど…

そんなわけで、最近のだめと関係なくバッハの「フーガの技法」を聴いて感動しているので、後半の展開はだいぶんタイムリーな展開かもしれない。たしかにのだめが言うようにかっちりしすぎているというのは感じなくはないのだけど、バッハの楽しみはそこにあるのではないかと思うんだな。

pageantメモ

WindowsでSSHを使ったアクセスはすべて、PuTTY(日本語ローカライズ版)とWinSCPを使っている。すべて鍵認証でアクセスできるようにしているのだが、いちいち鍵のパスフレーズを打ち込むのがめんどくさいので、ssh-ageantに対応するpageantを使っている。ちょっと困っていたのは、起動時にpageantを起動するのはいいのだけど、そのときに鍵を登録しておく方法がわからなかった…

解決したのでメモ。スタートアップにショートカットを登録する際には、引数に秘密鍵を渡してあげればよい。pageantにパスが通っていれば、

pageant /home/.ssh/ssh2-dsa-key.ppk

でOK。こんなことに数年悩んでいました。ちゃんとドキュメントを読まねばね。

軽井沢ミーティング2018に参加

軽井沢ミーティング2018に初参加! 天気良くてよかった!さすがに5月末の週末は本当に天気が良い。Roadsterのイベントは前日入り出来る場合は可能な限り前日から参加している。主催者発表による今回の参加者は1975人、車はは1,002台。内訳は、NAは37%、NBは22%...… Continue reading

2017年も今日でおしまい

Published on December 31, 2017

Profoto A1の色温度の話

Published on December 21, 2017