2005年09月10日 土曜日

David Eddings / ベルガリアード物語 4 「魔術師の城塞」

昨日購入した3巻が早くも読み終わりそう(このシリーズは1冊あたり500ページ以上ある分厚い文庫本なんですが…)なので、もう勢いで購入。この巻ではガリオンがついにリヴァの王として帰還する物語のターニングポイントになる話で、この巻の中盤から、一気に最終決戦まで突き進むと言うわけだ。

一介の目立たない少年だったガリオンが気がつけば、リヴァの失われた国王の末裔だったというのは、まぁ育ててくれたおばさんが、永遠の美女 女魔術師ポルガラだったり、語り部のおじいさんが悠久の過去から生きてきた伝説の魔術師ベルガラスだったりするところから、当たり前な展開なのだが、ガリオンにしてみれば、_何で僕なの?_と言うことになるだろうなあ。(じっさいこの台詞ばっかりだし。)

2018年も今日でおしまい

## はじめに2018年も気がついてみれば大晦日。今年も昨年までと同様の書き出しで・・・ 年末はこのサイトを運営しているサーバーが危うく死にかけたということを除けば、さほど大したネタもなかったので、のんびりとした大晦日を迎えることとなった。例年通り、残り時間を気にしてこの記...… Continue reading

zfs HDD入れ替え

Published on December 28, 2018

MacBook Pro 13inchの設定

Published on November 28, 2018