2005年09月10日 土曜日

David Eddings / ベルガリアード物語 4 「魔術師の城塞」

昨日購入した3巻が早くも読み終わりそう(このシリーズは1冊あたり500ページ以上ある分厚い文庫本なんですが…)なので、もう勢いで購入。この巻ではガリオンがついにリヴァの王として帰還する物語のターニングポイントになる話で、この巻の中盤から、一気に最終決戦まで突き進むと言うわけだ。

一介の目立たない少年だったガリオンが気がつけば、リヴァの失われた国王の末裔だったというのは、まぁ育ててくれたおばさんが、永遠の美女 女魔術師ポルガラだったり、語り部のおじいさんが悠久の過去から生きてきた伝説の魔術師ベルガラスだったりするところから、当たり前な展開なのだが、ガリオンにしてみれば、_何で僕なの?_と言うことになるだろうなあ。(じっさいこの台詞ばっかりだし。)

軽井沢ミーティング2018に参加

軽井沢ミーティング2018に初参加! 天気良くてよかった!さすがに5月末の週末は本当に天気が良い。Roadsterのイベントは前日入り出来る場合は可能な限り前日から参加している。主催者発表による今回の参加者は1975人、車はは1,002台。内訳は、NAは37%、NBは22%...… Continue reading

2017年も今日でおしまい

Published on December 31, 2017

Profoto A1の色温度の話

Published on December 21, 2017