2006年01月17日 火曜日

David Eddings / マロリオン物語 1 「西方の大君主」

今月から5ヶ月の早川FT文庫はThe Belgariadの続編The Malloreonである。旧版は各巻が2分冊された10巻物であったが、新装版は原書と同じ5巻構成となる。最近の文庫本は高くなったなあと思うのであるが、分厚くてさらに高くなるのはかまわないので分冊にしないで欲しいと思うのだ。今回の発刊は歓迎したい。

で、The Belgariadの後日談として、5巻のポルガラとダーニクの結婚式、ベルガリオンとセ・ネドラの結婚式が終わり、ベルガラスとポルガラとダーニクとエランドがアルダー谷に戻る帰路から話は始まる。話は日常的な生活からまた始まるのであるが、後半読み進めて行くに従って、雲行きがだんだんと怪しくなってくる。The Belgariadを読んだ人としては魔術師たちの奇妙な日常生活型のしめるし、Belgarath the SorcererとPolgara the Sorceressを読んだ人は、シリーズ全体を縦横に読むために欠けていた待望の再刊となる。今年も当面Eddings三昧の年になりそうだ。

2018年も今日でおしまい

## はじめに2018年も気がついてみれば大晦日。今年も昨年までと同様の書き出しで・・・ 年末はこのサイトを運営しているサーバーが危うく死にかけたということを除けば、さほど大したネタもなかったので、のんびりとした大晦日を迎えることとなった。例年通り、残り時間を気にしてこの記...… Continue reading

zfs HDD入れ替え

Published on December 28, 2018

MacBook Pro 13inchの設定

Published on November 28, 2018