Michael Moorcock / 永遠の戦士エルリック 1 「メルニボネの皇子」

今月から隔月で再刊されるとのことで、早速購入。高校生の時に読んだ本であるが、何度かの引っ越しとともに僕の書棚から失われていた本。(指輪の文庫も失われてますが・・・) ファンタジー読みとして必須のシリーズと言えば、筆頭格はトールキンの「指輪物語」であろうかと思うが、エピックな方面でなくヒロイックな方面では筋肉モリモリな主人公が登場する「コナン」シリーズとともに古典の座を獲得していると考えられる本シリーズであろう。(正確にはエターナル・チャンピオン(永遠の戦士)・シリーズって言うのか)

しばらく本屋で見かけないなと思っていたら、ずっと絶版になっていた模様。ファンタジー読みの必須本と思うのに今まで絶版状態であったことが_信じられない_。今回は翻訳者が井辻朱美さんに統一された。「メルニボネの皇子」だけ安田 均さんだったので、本書は訳が変わったと言うことになる。いままで未訳だった比較的新しいものも一気に翻訳されるので、期待はふくらむ。あと原作者のムアコックさんも気に入った旧シリーズのカヴァーの天野さんの絵から変わってしまったのが残念。天野さんのイラストはグインサーガの初期(20巻代前半)とエルリック・サーガが最も脂がのった仕事であったと思うだけに残念ではある。旧シリーズを古本で揃えておくか。

エルリックと言えば、最近のファンタジーだと某「鋼の・・・」に出てくる兄弟を連想する人も多そうだが、エルリックと言えば、魔剣ストームブリンガーと切っても切り離せないし、話のダークさはこちらの方が数段上だ。(何せ主だった登場人物の魂はストームブリンガーに吸い取られてしまうし、恋人も、挙げ句の果てに自分自身もストームブリンガーに殺されてしまう訳だし。)

今月からしばし忙しいので、時間を取りつつ読もう。

David Eddings / マロリオン物語 3 「異形の道化師」

月刊マロリオン物語。とりあえず購入。まだ2巻目を読んでいない。もう全部揃ってからにしよう。

軽井沢ミーティング2018に参加

軽井沢ミーティング2018に初参加! 天気良くてよかった!さすがに5月末の週末は本当に天気が良い。Roadsterのイベントは前日入り出来る場合は可能な限り前日から参加している。主催者発表による今回の参加者は1975人、車はは1,002台。内訳は、NAは37%、NBは22%...… Continue reading

2017年も今日でおしまい

Published on December 31, 2017

Profoto A1の色温度の話

Published on December 21, 2017