最近のお買い物

今回のボーナスが出たことで、ちと散財した。その記録など。

PS2関連

快適にプレイステーション2を使うために、メモリカードとDVDコントローラを購入した。メモリカードは最近仲間内でやっているグランツーリスモ3のタイムアタックのデータ保存のため。DVDコントローラはDVDをより簡単にみるため。電源のON/OFFとメディアの出し入れができないのが残念。

谷山 浩子 / ’80s

谷山浩子の80年代のベストアルバム。「銀河通信」と「鳥は鳥に」と「まっくら森の歌」を聴くために購入。独特な歌詞の世界と歌声が気に入っていて、最近ぼちぼちそろえているのだが、すでに買いきれないくらいアルバムがでているので、80年代以前はベストアルバムで勘弁してもらおうかと思う今日この頃。

國府田 マリ子 / 「青空で愛してる 2nd Touch」

國府田マリ子の99年のライブDVD「青空で愛してる 2nd Touch」をようやく購入。以前のライブはLDで保有していたが、LDを処分した際に失われてしまった。このライブはリクエストを主に構成したと言うことで、さすがに古い歌が多い。個人的には、「みらくる ふれんど」「誰のせいでもない二人」「Horizon」「my best friend」「Twin Memory」といったお気に入りの曲が収録されていて非常に得した気分。「Happy! Happy! Happy!」と「風が止まらない」が収録されていないのが残念。

このライブは99年に行われていて、そこでマリ子さんは30歳になったと言っていたが、あいかわらず年を感じさせない勢いですね。ライブはかなりいっちゃってますが… (いつも80年代のアイドルのようなライブです。)

でもかって早々落としてしまってケースが壊れてしまった。がーん。(涙)

カーオーディオの修理

カーオーディオのMDがお亡くなりになって1年くらい経つが、これを機に修理。ピックアップ部とモーターがお亡くなりになっていたらしい。修理代は2万円。もうちょっと高かったら、新調しても良かったのか? ようやくMDが使えるようになったので、車の中もすっきりだ。やっぱCDは邪魔だね。

今日はボーナス支給日!!!

だったらしい。忙しさにかまけてすっかり忘れていたが、ちとうれしい。ただ車のローンの支払いとその他にどんどん吸い取られていくのが悲しい。身から出た錆とはこのことか。(涙) 余ったらデジカメでもほしいなぁ。

小田 和正、オフコース、「Looking Back 2」

オフコースとその解散後さらに活動を続けている小田和正は、親の影響かクリアな歌声が好きなのか、女々しい感じが好きなのか分からないが、カラオケの持ち歌にするくらい好きである。(要は歌いやすいからなのだが。)と言うことで唐突にオフコースなのだが、やっぱり小田和正なしでは語れない。最近「Looking Back2」なるアルバムが発売されたので、レンタルで借りてきてみた。オフコース時代の歌のアレンジなのだが、評価は分かれるだろうな。純粋にオフコース時代の歌声・アレンジが好きな人(僕もそう)もいるだろうし、いまどきの人はオフコースの小田和正でなくて、一人の小田和正しか知らない人も多いので、このアルバムを新しい物に思い良いとするかもしれない。

今回のアルバムは、前回のアルバムに収録されていなかった「さよなら」と「言葉にできない」「心は気紛れ」といった往年の名曲が収録されている。全体的にストーテンポで、コーラスを抑え目に構成されているようで、「さよなら」にいたってはまったく別の曲のよう。好きな曲なだけに評価が難しい。(これはこれで良いかもと思わないでもないので。)

前のアルバム「Looking Back」を聴いていないので、今度借りてきたいと思っている。こちらには一番気に入っている「僕の贈り物」が収録されているので、どうアレンジされているか興味深い。あと「Yes Yes Yes」や「生まれ来る子供たちのために」(だったか?)が未収録なので第三弾はあるんだろうな。注目しておこう。

今日の外出

今日は天気も良かったので、久しぶりにわが愛車の幌を開けてドライブしてみた。風が涼しくて良い感じだったが、本格的な夏が来ると熱くてかなわないので、もうこれでおしまいだな。

で、今日は一迫(いちはざま)町の「ゆり園」に写真を撮りに行ってみたが、あまりに早くきすぎたせいか、まだ三分咲きにも満たない。(涙) やっぱり6月下旬か7月上旬だな。あまりに不満が残ったので、もっと早そうな「紫陽花」の花を撮るべく、 40km程度南下して大衡村の「昭和・万葉の森」に行ってみたが、こちらはさらに悪く、まだ咲いてなかった。(涙) 他では結構咲いているのにねぇ。と言うことで、ドライブだけ堪能して帰ってきました。

月日が経つのも速いのう

6月になって以来日記をサボってしまった。サボりがちでいかんいかんと思うが、最近忙しいのさ。

気が付けば世の中ボーナスシーズンに突入だ。どこの店に行っても少しでもボーナスのおすそ分けを狙って気合が入ってきている。僕はいろいろと買い物しちゃったので、今回のボーナスはどれだけ残るやら。

最近購入した物

一応メモっておこう。

George Winston / Winter into Spring George WinstonはAutumnに収録されているColors/DanceとLonging/Loveを聞いてからのお気に入りである。僕はクラッシックも聴くのでピアノ曲もそれなりに取り揃えているが、ピアノソナタよりもピアノ協奏曲のほうが好きだし、一般的に器楽曲をあまり聴かない。そういう中で、POPS(と言うのかどうか知らんが)なピアノソロは結構聴く。AutumnとDecemberに引き続き透明感があり、淡く消えてしまうような音はあいかわらずだが、今回はあまり好きになれそうな曲が無かった。Summerはどうだろうと思ってレンタルで借りてしまった。これじゃぁ買わなくなってしまうじゃないか。 栗本 薫/ グイン・サーガ 79・「ルアーの角笛」 グインサーガは栗本 薫のライフワークとなる長編小説だが、読むほうもライフワークと言う小説である。(私も読者になって13年は経っているし)最近は比較的テンポよく出版されていて、あまり待っている気がしないのはいいが、内容的にどうだろうかと思わないでもない。前巻からの続きで、前巻死にそこなったアルド・ナリスをめぐるどろどろした話と思いきや、グインがパロに向けて出征するという展開となった。この調子だと80巻にしてようやくアルド・ナリスとグインの出会いという興味深い展開となりそうだ。次巻はいつ出版されるのだろう。(8月だそうだ) 技術評論社 / Web Site Design vol.1 Webのデザインに関するまともそうな雑誌が発刊されたので、ためしに購入。僕は配色の組み合わせが見たかったので購入したが、読んで参考となりそうなのは、「Webセーフカラー配色辞典」と「そのWebを見るのは誰だ」と「仕様書に見るHTML」と言ったところ。デザインの本ではあるが、ようやくHTMLの本質を突いた記事が載っている雑誌が登場したことを評価しようと思う。「Webセーフカラー配色辞典」はCSSを書く際に参考にしたい。背景画像がうるさくて読む気もしないページも結構見かけるし、色の組み合わせに関してもそれなりの勉強になる。(美術でイラストの書き方の勉強でもすれば結構分かるはなしだけども。)「仕様書に見るHTML」は仕様書の解説記事だが、内容は平易でわかるように書いてある。ただ果たして何回で説明するのか良く分からない。雑誌自身は季刊くらいのペースみたいだから何年かかるかな。ただHTML自身は4.01でおしまいの感があるので、これはこれでいいかもしれない。でも下手な解説記事より仕様書自身を読んだほうが分かりやすい。(W3Cの文書は技術文書にしては大概読みやすい文書なので。)あとこの雑誌で気に入らないのはFlashとJavaScriptに関する記事かな、FlashやJavaScriptを使ったページにどれだけの読む価値がある? デザインはデータの保守性・再利用性・ブラウザ間差も考慮して行うべきだろう。 三並 慶佐 / RubyによるCGIプログラミング ymzk.orgを使うようになって、ようやくCGIでもRubyを使える環境になったので、これを機に買ってみた。内容は初歩的なCGIの本。もそっとライブラリの説明が会ってもいいかもしれない。最初のRubyのコードが出てくるまで、42ページもありそれまで環境構築の話があるとは思わなかった。構成に配慮して欲しいと言うか、僕が編集者だったらこんな本は出せないかも。でも数少ないRubyでCGIを楽しむ本なので、じっくり読んでみます。

カーオーディオの修理

1年位前からMDの調子が悪かったが、最近ついにどのMDも認識しなくなった。そのため修理にだした。お値段は2万円くらいかかりそう。お金に余裕があるうちに直しておきたいが、最近MDを使わない生活に慣れてしまったため、逆に音楽をかけられない環境のほうが痛い。早く直ってきて欲しい物だ。

迷惑電話?

最近、「エンゲージリングを売っているんですが…」とか「結婚式のプランナーです」とかいった電話がかかってくる。もともと電話をかけるのは好きだが、意思に関係なく割り込んでくるので嫌いという我が儘な性格なので、この手の電話は迷惑極まりない。悲しいかな結婚を前提にという条件をつけるまでも無く彼女はいないので、そもそもこの手の話は今のところ用もないし、貴金属(大学時代には金に鉄を混ぜたりしてたし)やら宝石に何の興味もない僕にとってそもそも用がない。

ただ若い女の子と話をするのもなかなか楽しい。最近の若い女の子がどういう話をするのか興味深いし、世間話をするのはそれなりに楽しい。問題は長々楽しく話を聞いてやって如何に丁重に断るかがミソ。やっぱり思うのは、女の子はテキパキと話ができて、馬鹿っぽくないと言うのが僕の好みなのだが、この手の電話でなかなかそういう感じで話をする女の子はいないから興ざめだ。

新ドメインはdabesa.orgだべさ

ドメインを取ることにしました。いろいろ悩んだんですが、TLUCで知り合いになったSambaな三浦さんからヒントをいただき、新ドメインはdabesa.orgに決定!ymzk.orgの広瀬さんに親切に教えてもらったので、メールもwebもMLも使えるようになりました。ありがとうございます。そのときのやり取りを今日SmartDocでまとめてみた。この手の説明書を書くときにはSmartDocが一番使いやすい。HTMLとLaTeXを足して2で割った感じとはよく言ったものだ。プログラムを外部から取り込むこともできるし、使い方次第で面白い使い方ができそう。来週から週次報告報告にも使おうかな。と言うことで、ぼちぼち使い込んでいきたいと思う。それにしてもHTMLにもLaTeXにもなって、似たような書式になるし、何せXMLなので、XSLTでFOに変換してPDFにもなるし、XSLTでmgpにもなる。使い込み次第でいろいろなことに使えそう。

今日で5月もおしまい

早いもので、今日で5月もおしまいである。今月はゴールデンウィークやら工場のメンテ連休やらでお休みが多かったな。それにしても今月は北海道にも行ったし、それなりに忙しい毎日だったなぁ。

Vaio C1 VR/BPにLinuxをインストール

今挑戦中。とはいえ参考となるページが多いので、結構簡単。今のところ…

  • サスペンドができない
  • 当然ハイバネーションもできない。
  • モデムも使えん。(winmodemだからね。)

という点はあるが、それ以外は問題なさげ。それにしてもブロードバンドな時代になったんだから、モデムは別売にして、Ethernetのポートをつけるべきよねと思ったりする。モバイルで使うんだったら、電話に接続でなくってPHSカードでしょ普通。ソニーさんも結構間抜けな感じです。今のところVine 2.1.5をインストールしているんだけども、多分飽きちゃうので、常時接続できるようになったら、Debianになるんだろうねぇ。

ああっ、我が家にもブロードバンドを引かせてくれいっ!

今会社の独身寮に住んでいるが、あまりにも回線が貧弱で困っています。現状の問題点は…

  • アナログで33.6kは出ない。56kモデムがもったいない
  • レンタルのPBX回線だから、ISDNなども引けないし、テレホーダイすら使えん。

という点。今は速度優先でPHSカードを使っている。まぁ電話線がごろごろしてなくてスマートなのはいいんだけども、電話代が高い。何が楽しくて月に2万円も支払わないといけないんだか。(使いすぎではなかろう)さらに今月からは残業規制になった。もう前みたいにバブルな生活ではない。(薄給だがさらに寂しくなる。) 会社は「給料を支払いたくないもーん!」と言っているのだが、僕らから言わせてもらうと、「コスト削減したいのはあんたらだけじゃないんだよ!」と声を大にして言いたい。と言うことで、本格的に寮で勝手にADSLなどの工事をして良いか交渉を開始。おそらく会社とマンションの管理会社と回線敷設業者の戦いになるだろう。ぜひ引けるようにして欲しい物だ。(ようやく「戦いの軌跡」になってきたか?)