2008年 花撮影開始

久しく更新できていませんでしたが・・・元気にやっています。

さて、日曜日は天気も良く桜も見ごろだったので、整備された花畑がある「なばなの里」に行ってきた。今回はもともと桜よりもチューリップメインということで、望遠マクロレンズ、望遠ズームを持って出かけた。

天気だった日曜日とうってかわって月曜日はは雨。今年の桜もあっという間におしまいと言う感じだが・・・ チューリップやパンジーはまだまだこれから。なばなの里はさすがに手が入っている施設だけあってチューリップも色とりどりでパンジーの色をうまく合わせた綺麗な花壇ではあるものの、いかんせん僕の好みから言うと人工的過ぎると思う。まあ綺麗なので見に行ってみるのも一興だろう。

sakura2008-1.jpg

EOS 5D / EF 50mm F1.2L + Extension Tube EF12 II / 絞り優先AE F1.2 +2/3EV (シャッター速度 1/8000) / ISO100 / WB: Daylight

桜を通常のレンズに接写用リングを付けて、普段より接写してみたもの。このレンズはもともと球面収差が大きめに残っているレンズなので、軟調な描写のレンズだが、こういう撮り方をするともやもやとかなりソフトに… 接写リングは望遠系のズームレンズだとそこそこ使い勝手はいいかもと思うので、マクロレンズをあまり使わないけどそこそこ接写したい人にはお勧めである。

このレンズはこの状態だとピントがあっていると思われる部分は奥行き方向に1mm無いはずなので、たぶんほぼピンボケ写真だが、まあこれだけコントラストが残ればいいかな。色はいつも苦心しているところではあるものの、品種が八重咲きな品種で色も濃い品種のせいか、良い感じに色は出ているかなと思う。

tulip2008-01.jpg

EOS 5D / EF 70-200mm F4L / 絞り優先AE F5.6 +2/3EV (シャッター速度 1/640) / ISO100 / WB: Daylight

チューリップの定番な絵作りで、なんか毎年同じような写真を撮っているのだが、好きな撮り方なのでまあ良いか。逆光で撮影すると花びらの色とかに透明感が出るので、個人的にはこの光線状況を多用している。淡い色の花だと綺麗にいけるかなと思う。

tulip2008-02.jpg

EOS 5D / EF 180mm F3.5L Macro / 絞り優先AE F3.5 -1/3EV (シャッター速度 1/1600) / ISO100 / WB: Daylight

完全に逆光で背景に影になっている場所来るようにすると、背景は真っ黒に落ちて、陽に当たっている被写体だけ浮かび上がる。今回はなかなかうまくいったように思う。ただシャッター速度的な余裕はかなりあるので、がつっと絞り込んでバックのチューリップにそこそこピントが来るようにしたほうが良かったかもしれない。(この手の見切りはいつも難しい。こうやってみてそうすれば良かったと思う物なのだ。)

others-1.jpg

EOS 5D / EF 180mm F3.5L Macro / 絞り優先AE F3.5 -1EV (シャッター速度 1/500) / ISO100 / WB: Daylight

道ばたの花壇の小さな花々も綺麗なので、マクロレンズを向けてみる。ほんの小さな空間にも美しい世界が広がっている。この写真はこの日の最初の写真でウォームアップに撮影した物。ちと露出アンダー気味かと思ったが、意外にに良かった・・・(ちゃんとノーマルな状態に戻す癖をつけなくてはと思うのだがすっかり忘れていた。)

others-2.jpg

EOS 5D / EF 180mm F3.5L Macro / 絞り優先AE F3.5 ±0EV (シャッター速度 1/1000) / ISO100 / WB: Daylight

これも同じく花壇の片隅に咲いていたルピナスの花。この淡い紫もなかなか綺麗。マクロレンズを向けてみたが、やはり超ローポジション撮影は非常に疲れる。もちっとやせなくてはと思うところである。このレンズはいろいろ使ってみているが、屋外で十分に明るさが稼げていれば安定して素晴らしいパフォーマンスを示してくれるので、ファインダーをのぞくのが楽しくなるレンズである。

今回は露出は花びらの色をスポット測光で一発決めで撮影してみた物が多い。(ちょうど銀塩やってたころの最終期と同じ感じ。) 特に逆光の場合評価測光だと背景の色と明るさで露出値がばらつくのでスポット測光した方がよいかなと思っている。露出補正量は概ねこんな感じ(マニュアル露出でもかなりの確度でいけるハズ)なので、撮影データは参考に なるだろうか・・・あと今回のレタッチはコントラストをちょっといじっているが、露出は全くいじっていない。EOS 5Dも使い始めてから約2年、だんだん手に馴染んできたようだ。むろん同じ絵を銀塩で撮影すれば、より良いのかもしれないと最近思ってみたりしていますが・・・ (Contax 645かPentax 645の中古を120mmマクロと一緒に探したい心境にとらわれている。だってVelviaのような色が欲しいと思うときが多いのだから。)

軽井沢ミーティング2018に参加

軽井沢ミーティング2018に初参加! 天気良くてよかった!さすがに5月末の週末は本当に天気が良い。Roadsterのイベントは前日入り出来る場合は可能な限り前日から参加している。主催者発表による今回の参加者は1975人、車はは1,002台。内訳は、NAは37%、NBは22%...… Continue reading

2017年も今日でおしまい

Published on December 31, 2017

Profoto A1の色温度の話

Published on December 21, 2017