2006年09月04日 月曜日

Posted on 2006年09月04日 (月) in articles • Tagged with Ruby, Equipment, PC

Dave Thomas, Andy Hunt / プログラミングRuby 第2版 言語編

Rubyに関しては良い言語だとは思うのだが、最新の安定版に対する書籍のリファレンスマニュアルにあたるような本が無くて若干不便だなと思っていた。ピッケル本として知られている本書であるが、第1版はRuby 1.6を元にしていて若干内容が古くなっており、改版中と言う話を聞いていたので、買い控えておりずっと待っていた。この本だけでRubyの勉強ができるし、後々この本しか見なくなるであろうと言う点で買っておいて良い本だと思う。私の書棚のRuby関係の本もまつもとさんの本とこの本以外は整理しちゃって良いかなと思う。(さすがに手狭なので。)

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby リファレンスマニュアルという便利な物があるではないかという人もいるだろうけれど、1画面でPCを使っているときはWindowが重なって見辛いこともあるし、付箋を貼ったり、メモを書き込み(僕はあまりしないが)ができたりという利点もあるので、それぞれ便利に使い分けていきたい物である。それにしても日本生まれの言語であるRubyであるが、日本語圏でこういう素晴らしい本が無いのはなぜだろう。市場性のなさか、優れたライターがいないからのか・・・


2006年06月16日 金曜日

Posted on 2006年06月16日 (金) in articles • Tagged with Excel, Photo, Equipment, VBA, 統計, Mathematics, C++, LaTeX, TeX, Ruby, Scheme, Network

Excel2007を評価中

体験って何だ・・・ というのは置いておいて、Excel2007 Betaをインストールしてみました。(正確にはOffice2007 Pro Betaだが)

Excel2007

メニューがなくなってリボンと言う奴になりました。最初は手惑いそうだけど操作自身は本質ではないし、まあ慣れれば気にはならないかも。マウスでオペレーションする方向になったような気はする。ちょっとしたことをするにもいちいち探索することが多いが、右クリックでうまく乗り切れそうではある。もうプルダウンメニューに飽きたし、IE7もそんな感じなので、Vistaではだいぶんかわるのだろう。とりあえずいろいろつっこみどころ満載のExcelで遊んでみよう。ざっくり使えるように設定の変更。

  1. デフォルトではVBA関係のアクセスができないので、アクセスできるようにする。
    • 「ファイル」-> 「Excelのオプション」->「個人設定」
    • 「開発タブをリボンに追加」にチェック
  2. Addinやマクロ関係の設定
    • 「ファイル」-> 「Excelのオプション」->「セキュリティ センタ」
    • 「セキュリティセンタの設定」は以下の物を設定。他はデフォルト
    • マクロの設定は「デジタル署名されたマクロを除きすべてのマクロを無効にする」
    • アドインの設定 「アプリケーションアドインに対し信頼できる発行元の署名を必須にする」

ここまで設定しておいてようやくVBAやつっこみどころ満載の分析ツールで遊ぶことができ …


Continue reading

2006年04月02日 日曜日

Posted on 2006年04月02日 (日) in articles • Tagged with Equipment, Perl, HTML, Ruby

向井 淳 / 入門Haskell - はじめて学ぶ関数型言語

Perl6-Pugsの登場以来(で正しいと思う)、純粋関数型言語のHaskellが熱いと言うことで、何か良い入門書はない物かと思っていたのだが、なんだか書店の棚を見ていると目にとまったので購入してみた。Haskellも入門書が出る時代になったということで、全く持って素晴らしい。

ただこの本はさらっと読んでみて、さらっとおしまいという感が強く、入門書として_何が何でもHaskell_という押しがないのは事実かも。なんだか説明がちっとも頭に入ってこない。熱意は感じるんだけど空回りしているかなと思うのである。あと入門書を読んでいつも思うのだけど、あとで説明するという言葉はのは書かない方がよいと思う。さらっと書いて知らんぷり(どうせそこでは本質的ではないのだから呪文としちゃうでも良い、たいてい書かなければ気が付かない)をして、あとで説明すればいいと思うのだが、「あとで説明する」と来るとイライラしてしまうのである。

とりあえずおもしろいので、ざくざく読んでいる。手も動かすべく処理系もインストールしたから、ぼちぼち手を付けてみよう。あと青木さんが「ふつうのHaskellプログラミング」を執筆中なので、こっちにも期待したいところ。


2006年02月15日 水曜日

Posted on 2006年02月15日 (水) in articles • Tagged with Equipment, Ruby

広瀬 雄二 / 「Rubyプログラミング基礎講座

先日ジュンク堂で見つけていたのですが、そのときには買う本がいろいろあったので、今日購入。Rubyの入門書は何冊かあるけれど、どれもRubyのオブジェクトの解説や文法の解説によりがちで、実際に何か書いて実行して見ようと言う本が無かったように思う。たしかに「たのしいRuby」のような平易なものはあるのであるが、かったるいほど文法によりすぎで、この本の続きが欲しいと思うところで物足りない。Rubyに関しては和書も結構な量出ているが、決定版は「プログラミングRuby—達人プログラマーガイド」で良いのかしらと結論づけているわけだけども。

広瀬さんのこの本の場合は、Ruby入門書と言うよりは、Rubyを使ったプログラミングの入門書という感じで、後半は具体的に手を動かしてアルゴリズムの初歩を学べるように作ってある。オブジェクトの使い方・作り方に走りがちなRubyの本の中では、オブジェクト指向的な話題にはあまり触れられていない。プログラミングを学ぶという点ではオブジェクト指向は枝葉的なことで省いてしまって良いし、Rubyの長所は純オブジェクト指向言語であるのだが、実際の所オブジェクト指向をを気にしなくても良いという点にあるのだから。そんなわけで、教える立場としてよく考えて書か …


Continue reading

2005年12月31日 土曜日

Posted on 2005年12月31日 (土) in articles • Tagged with Equipment, PC, HTML, Ruby, C++, Mathematics, 数値計算, Linux, Photo, Portrait, Flower, FFXI

今日で2005年もおしまい

毎年こんな見出しで大晦日の日記を書いているわけだが、ついこないだ2004年もおしまいとか言う記事を書いた記憶がと思ったら、2003年もおしまいとか2002年もおしまいとか言った記事を書いたのも最近のような気がするのは気のせいではない。今年は久しぶりに落ち着いた1年と思っていたのだが、4月から勤務地が変わったので、またまた人間関係もがらっと変化して、めまぐるしい変化があった1年だった。気が付くともう今年もおしまい。今年お世話になった方々はいっぱいいて名前を挙げきれないが、今年1年本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

大晦日と言うことで、行く年に思いをはせ、今年はどういう戦いの1年だったか、今年の戦術・戦略とその戦いの成果を主要な分野別にまとめておこう。(と、ほぼ毎年と同じ文章にしてみた。こういうのは毎年そろえておいたほうがよいもので、断じて_手抜きではない_。)

2005年の総括

はじめに概況

2005年の戦況がどのような物であったか述べていくことにしよう。今年は年頭にたてた重いとは全く別なところでばたばた対応させられた1年で気が付いてみると私生活では半分引きこもりっぽい1年となってしまった。全く持って何をやってきたんだかという1年で …


Continue reading

2005年11月24日 木曜日

Posted on 2005年11月24日 (木) in articles • Tagged with Excel, TeX, VBA, Perl, Ruby, Network, Equipment

続・なんでもかんでもExcel症候群

Unixな機械からテキストファイルを直接持ってくると、改行がWindowsと異なるので、Excelで扱うのがちょっとめんどくさい。FTPできるときは、ASCIIで持ってくればDOS/Windowsなテキストファイルになるのだけど、世の中FTPできなくて専用のクライアントを共用されることもあって涙が出てくることがもうしょっちゅうあって困る。で、そんな_だめだめクライアント_に泣く泣くつきあわなければならないのだが、この際_なんでもかんでもExcelにお任せ_なのだ。

これからはASCIIモード転送のことは忘れて、すべてBINARYモード転送にしてしまいましょう。DOS/Windowsの世界ではUnixで作成したテキストは何行あっても、_たった1行のテキストファイル_と見なせるから、これを全部1つの文字列に取り込んで、ばらす方向で考える。ソースを示す。

```vbnet TextRead.bas Sub TextRead(FileName As Variant) ' TextReadプロシジャ: FileNameで指定されたファイルを読み込む ' FileName: 入力するファイルのファイル名

Dim RE As Object
Dim StreamString As String
Dim textlines As Object
Dim textline As Object
Dim tmp(2) As String
Dim myDate As Date
Dim PATTERN as String

Set RE = CreateObject("VBScript.RegExp")

With RE
    .Pattern = ".+\n"
    .IgnoreCase = False
    .Global = True
End With

Open FileName For Input As #1
Line Input #1, StreamString
Close #1

Set textlines = RE.Execute(StreamString)

For Each textline In textlines

' textlineはUnixにおける行と同じ。ここに処理したいことを書く

Next

Set RE = Nothing

End Sub

こんなことをやると、textlinesコレクションに入る各要素はUnixで言うところの行の集合、その要素は行と同じ …

Continue reading

2005年11月22日 火曜日

Posted on 2005年11月22日 (火) in articles • Tagged with Excel, Equipment, PowerPoint, XML, Emacs, VBA, Perl, Ruby, Network, PC, C++

なんでもかんでもExcel症候群

何でもかんでもPowerPoint症候群の弊害を日記で書いたのだが、それよりも世の中に広く広まっている病的な物と言えば、_なんでもかんでもExcel症候群_であろう。とにかく通常の表だけに飽きたらず、提出書類から報告書まで_何でもかんでもExcel_なのである。つまり「何でもかんでもExcel症候群」とはExcelだけですべての仕事が完結してしまう恐ろしい病気なのだ。

その病巣の由来を簡単に予想するとすれば、子供の頃に升目の入ったノートで漢字の書き取りをやらされ(つまりカーニングとかに無頓着になる)、読書感想文などの類は原稿用紙で書かされ、漢字は少ない文字数で情報量を詰め込めることからすっきりとした表が書きやすく、何でもかんでも_表にしないと気が済まない_という日本人の悲しい習性に由来する物であろうと思うのだ。

まぁUnixでEmacsしか使わないというのと似たような話ではあるのだが、典型的なEmacsユーザーが扱うのは汎用的なテキストファイルであり、Emacs LISPでがんがんプログラムを書く(設定ですらLISPを書かねばならないので、多少は誰でも書く物だ)人が多い用に思われる。Excelの場合は、XLS形式という特殊なフォーマット(最近のはXMLなのか?)を用い、適当なワークシート関数などを表層的に使いこなしている人が多く、Excelの基本 …


Continue reading

2005年10月22日 土曜日

Posted on 2005年10月22日 (土) in articles • Tagged with Portrait, Photo, C++, Equipment, 数値計算, Java, Ruby

今日は撮影に出かける

今日はあいにくの空模様だったのだけれど、ののさんより「蕎麦を食べつつ撮影してみませんか?」という蕎麦好き僕にとって嬉しい撮影会に誘われたので、行って来ました。今日のモデルはシホさんです。肌寒い中がんばっていただいたおかげもあって、気が付いたらメディアをほぼ使い切っていました。これまでこんな勢いで撮影したのは無いかもしれない。

今回の撮影ではポートレートを取り始めた頃のような初心に返った撮影をしてみたんですが、最近こういう撮影を忘れていたなあと楽しさを再発見しました。素敵な表情をくれたシホさんに感謝です。楽しい一日でした。よく考えたらシホさんと長時間話をするのは今日が初めてっぽい。

シホさん その1シホさん その2

今日の昼ご飯は深大寺でお蕎麦をいただいたのですが・・・ 田舎蕎麦を頼んだのに細打ち麺の方がきてしまったじゃないですか!まったく、もぅ。 まぁ食べてみたところ蕎麦の香りはこっちの方が強く感じたので、_結果オーライ_ということで良しとしよう。ここは良い感じのお寺さんなんですが、駅から遠いので1年に1回くらいしか行けません...

いつも撮影に誘ってくださるののさん、TOSIさん、肌寒い中がんばってくれたシホさん、今日は1日どうもありがとうございました。

稲葉 一浩 / Boost C++ Library プロ …


Continue reading

2005年08月27日 土曜日

Posted on 2005年08月27日 (土) in articles • Tagged with Equipment, XML, HTML, Perl, Ruby, Network, Scheme, PC, Physics, Flower, Mathematics

Lightweight Language Day (and Night)

今年もLightweight Languageの年に一度のお祭りであるLightweight Language Day (and Night)に参加してきました。チケットの発売に気がつかなかったので、何とか買えた昼間の部のみ参加。

今年の僕が感じた目玉のひとつ目は、GNU awk(gawk)のXML拡張であるxmlgawkであろうか。僕がgawkやnawkを使っていたのは学部の4年目のころで、あのころは日本語化パッチを当てたjgawkをメインに使っていた。(今にして思うとperlのプログラムも結構書いたけどawkほど使ってないな。) 気がつけば国際化されて、キーワードが増えてXML文書をSAXっぽく扱えるようだ。この拡張はgawkの先端開発版という位置づけで、コンパイルオプションで無効にできるそうだ。awkは行指向ツールとしてはperlやrubyより使いやすいところはあるので、まだ開発が行われていて進化が続いているのかと言う驚きとともに、昔師匠のawkの技でうんざりしてしまいやめてしまったawkであるが、再び遊んでみたいなあと思ったのである。(僕の師匠(指導教官ともいう)はawkとかPostScriptのプログラムをサクサクと・・・)

二つ目は全然追いかけてもいなかったけどPerl6周辺の話。昨年のLLでは北京オリンピック頃と言っていたPerl6であるが、この1年でPerl6のHaskellによる実装(Pugs)を行ったという天才が登場して、突如として開発が加速しているようだ。それにしても1ヶ月でHaskell …


Continue reading

2005年05月16日 月曜日

Posted on 2005年05月16日 (月) in articles • Tagged with Equipment, HTML, Ruby

いろいろうまく伝わらないことはあるものだ

文字だけで表現というのは難しい。特にこういう日記とかBlogとかだけだと。いろいろな背景があって理解できる文章と、背景が無く読んだ文章は、同じ文章でも意味が異なって取られることがあると言うことだ。なんだか今日読んだ論争は、_小飼さんと三浦さんと面識がない_と言うあたりで、ひどく空回りのような気がする。

そもそも引用時に「人材育成とか、日本発のOSSとか、」が抜け落ちちゃっているが、そう言っている人は誰だろう? この辺に解く鍵があると思うのだけど。今回の意見はこの主語に相当する存在に対してであろうに... それも三浦さんの動きを見ていれば薄々分かる話だと思うのだけど、知らない人は知り得ない。あともとの三浦さんの意見には、おそらく凄く広範囲にいっぱい種をまいて、水をまいてみたけど、周りに生えているものが全部養分を吸ってしまって全然育たないのかもしれないという一抹の不安みたいなものと、そういうところを打開したいという想いと、やれOSSだとか時流に遅れまくって今頃言っている世界とのギャップなどもあって、ふと出てしまったものだろうかと思うのである。そのような不安は別にOSSに限った話ではない。日本に住んでいれば至る所にかいま見えるのだが...(今日の …


Continue reading