2006年06月16日 金曜日

Posted on 2006年06月16日 (金) in articles • Tagged with Excel, Photo, Equipment, VBA, 統計, Mathematics, C++, LaTeX, TeX, Ruby, Scheme, Network

Excel2007を評価中

体験って何だ・・・ というのは置いておいて、Excel2007 Betaをインストールしてみました。(正確にはOffice2007 Pro Betaだが)

Excel2007

メニューがなくなってリボンと言う奴になりました。最初は手惑いそうだけど操作自身は本質ではないし、まあ慣れれば気にはならないかも。マウスでオペレーションする方向になったような気はする。ちょっとしたことをするにもいちいち探索することが多いが、右クリックでうまく乗り切れそうではある。もうプルダウンメニューに飽きたし、IE7もそんな感じなので、Vistaではだいぶんかわるのだろう。とりあえずいろいろつっこみどころ満載のExcelで遊んでみよう。ざっくり使えるように設定の変更。

  1. デフォルトではVBA関係のアクセスができないので、アクセスできるようにする。
    • 「ファイル」-> 「Excelのオプション」->「個人設定」
    • 「開発タブをリボンに追加」にチェック
  2. Addinやマクロ関係の設定
    • 「ファイル」-> 「Excelのオプション」->「セキュリティ センタ」
    • 「セキュリティセンタの設定」は以下の物を設定。他はデフォルト
    • マクロの設定は「デジタル署名されたマクロを除きすべてのマクロを無効にする」
    • アドインの設定 「アプリケーションアドインに対し信頼できる発行元の署名を必須にする」

ここまで設定しておいてようやくVBAやつっこみどころ満載の分析ツールで遊ぶことができ …


Continue reading

2005年08月27日 土曜日

Posted on 2005年08月27日 (土) in articles • Tagged with Equipment, XML, HTML, Perl, Ruby, Network, Scheme, PC, Physics, Flower, Mathematics

Lightweight Language Day (and Night)

今年もLightweight Languageの年に一度のお祭りであるLightweight Language Day (and Night)に参加してきました。チケットの発売に気がつかなかったので、何とか買えた昼間の部のみ参加。

今年の僕が感じた目玉のひとつ目は、GNU awk(gawk)のXML拡張であるxmlgawkであろうか。僕がgawkやnawkを使っていたのは学部の4年目のころで、あのころは日本語化パッチを当てたjgawkをメインに使っていた。(今にして思うとperlのプログラムも結構書いたけどawkほど使ってないな。) 気がつけば国際化されて、キーワードが増えてXML文書をSAXっぽく扱えるようだ。この拡張はgawkの先端開発版という位置づけで、コンパイルオプションで無効にできるそうだ。awkは行指向ツールとしてはperlやrubyより使いやすいところはあるので、まだ開発が行われていて進化が続いているのかと言う驚きとともに、昔師匠のawkの技でうんざりしてしまいやめてしまったawkであるが、再び遊んでみたいなあと思ったのである。(僕の師匠(指導教官ともいう)はawkとかPostScriptのプログラムをサクサクと・・・)

二つ目は全然追いかけてもいなかったけどPerl6周辺の話。昨年のLLでは北京オリンピック頃と言っていたPerl6であるが、この1年でPerl6のHaskellによる実装(Pugs)を行ったという天才が登場して、突如として開発が加速しているようだ。それにしても1ヶ月でHaskell …


Continue reading

2004年12月31日 金曜日

Posted on 2004年12月31日 (金) in articles • Tagged with Equipment, PC, Network, HTML, Ruby, Scheme, C++, VBA, Linux, Photo, Portrait, Flower

今日で2004年もおしまい

毎年こんな見出しで大晦日の日記を書いているわけだが、ついこないだ2003年もおしまいどころか2002年もおしまいなんて言う記事を書いた気がするのは気のせいではない。今年は転職・引越しと人生の転機となる大きな変化のあった1年で、住環境や人間関係もがらっと変化して、めまぐるしい変化があった1年だった。気が付くともう今年もおしまい。今年お世話になった方々はいっぱいいて名前を挙げきれないが、今年1年本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

大晦日と言うことで、行く年に思いをはせ、今年はどういう戦いの1年だったか、今年の戦術・戦略とその戦いの成果を主要な分野別にまとめておこう。(と、ほぼ毎年と同じ文章にしてみた。こういうのは毎年そろえておいたほうがよいもので、断じて_手抜きではない_。)

2004年の総括

はじめに概況

2004年の戦況がどのようなものであったか述べていくことにする。前の会社の上司の年賀状には_今年は攻めと成果_と書かれていたのだが、個人的には攻めに攻めた1年だったかと思う。アクティブに変化を求めて行動したが、いまいち成果があったとはいえない。まぁ来年あたりから取り返していきたい。今年から技術系よりは研究系に寄った立場になったので、よ …


Continue reading

2004年11月08日 月曜日

Posted on 2004年11月08日 (月) in articles • Tagged with PC, Equipment, HTML, Ruby, Scheme, BSD

いろいろインストール

週末から自宅サーバの各種ソフトのバージョンアップなどを行っている。手始めにRubyを1.6.7から1.8.1へ、最近はやりになりつつあるSchemeの処理系であるGaucheの0.8.1をインストール。どちらもFreeBSDにインストールということで、iconv周りではまってしまった。うーむ、何とかならないもんかなあ。


2004年10月27日 水曜日

Posted on 2004年10月27日 (水) in articles • Tagged with PC, Ruby, Scheme, Photo, Equipment, Network

今日も地震

今日も関東で揺れを感じました。会社から家まで遠いとどうやって帰ろうかと悩んでしまいます。(今地震になって交通が寸断されたならば、まず荒川を越えるのが厳しそう。)

いろいろインストール予定など

なんだか身の回りのインストール熱が上がっているので、いろいろサーバに仕込んでしまおうかと。いったん考えている大きなものは、

Ruby1.6系からRuby1.8系への入れ替え もうデファクトなライブラリの追加インストールがめんどくさいので。 Gauche のインストール やっぱSchemeを使ってみようと言うことで。cosmosには導入済みですが、展開をする。

と言うところ。さらにこまごましたところでは、何個か必要なアプリケーションにぶら下がっているライブラリの入れ替えかな。

zphoto

写真集が格好良くなっていいかなと。依存しているのはGUIはいらないので、ming, Imlib2, popt, zip, avifileってとこですか。

MRTG

グラフで負荷監視ができると嬉しいかもなのでインストールしようかなと。ucd-snmp, zlib, libpng, GDが必要。

来週末あたりからこつこつやっていきますかね。


2004年08月08日 日曜日

Posted on 2004年08月08日 (日) in articles • Tagged with Equipment, HTML, XML, Scheme, Ruby, Perl, Excel, VBA

Lightweight Language Weekend 2日目

2日目の前半は最近はやりのblogな話題。僕は基本的に興味がないのだが一応お勉強のため... 大きなblogサイト(Livedoor Blog)やはてなダイアリーなど)の方が来ていたので、個人的には「(政府や各種圧力団体などから圧力がかかりそうな)非常にまずい記事の削除要請があった場合にどのように考えるかの立ち位置」を効きたかったのだが、LLには関係ないし、契約で乗り切れる話かもしれないし、あまりにダークなんで聞けなかった。聞いておけば良かったかな? LLの最も巨大な応用先であることは認めるが、blogだけでこんなに時間を取るんだったら他の話が聞きたかった。

Lightning Talkは詳細はあまり覚えてない。(なんせ半分くらいBitKeeperと話をしていたので。) 平内さんの「木のマッチ」では、Schemeを使用した木構造のデータに対して正規表現みたいなパターンマッチをする話。さくっとXML VallidatorがかけるあたりがSchemeのマクロらしい。久井さんの「Gauche-glによる、3次元図形言語」では、Gauche-GLとストリーム(SICP Chap3の後半)を使ったアニメーションによるプレゼンでGaucheではこんなこともできるのかと言うこともあってこれまた面白かった。

高橋さんの「日本Rubyの会設立」の話は要点とをついたインパクトのあるプレゼンで、こうあるべきかと思ったり... 早川さんの「LL侍」は最初は照れが見えたが、吹っ切れたあと …


Continue reading

2004年08月07日 土曜日

Posted on 2004年08月07日 (土) in articles • Tagged with Equipment, HTML, Ruby, Perl, Scheme, Java, C++, PC

Lightweight Language Weekend 1日目

行ってきました。ざっくりとした的確な要約は、まつもとゆきひろさんのMatzにっきを参照。(こんな手抜きで良いのかな。)

あまりに手抜き過ぎなので、印象深いところをかいつまんで。今回はPerlにしてもRubyにしてもPythonにしても大きな変化がなかった1年なので、逆にマイナーな言語の存在が目立つカンファレンスでした。特に、SchemeやHaskellと言った関数型言語の人が目立ったなぁ。

今回特に面白かったなと思ったのはSchemeの1実装であるGaucheですかね。ここ数年Schemeは忘れ去られていた感がある(入門的な書籍類が全て無くなっていたので)のだけども、国内的にはGaucheのおかげで復権したと考えて良かろう。またどの言語でもキラーアプリがあれば動き出すのであるが、Gaucheは継続ベースのWebアプリケーション・フレームワークであるKahuaが最近広まってきていて、その紹介などがあった。HTMLをさくっとS式で書けるのは良いかもしれない。あとSchemeを勉強していてサッパリ分からないものの一つが継続で、これはいったいなんじゃろ?と言うあたりが今回少し解決した。今日あたりから「何でも継続」を読んで、真面目にSchemeで遊んでみようと思います。SICPでは凄く後のほうに載っていますが、LISPとは根本的に違うScheme特有の概念だと思います。

あとGroovyの話も面白かった。(「Javaの奇妙な冒 …


Continue reading

2004年07月14日 水曜日

Posted on 2004年07月14日 (水) in articles • Tagged with PC, Equipment, HTML, Ruby, Scheme

メールフォルダの移動・SPAMフィルタの変更

今日は久しぶりに早く帰ってきた(とは言え21時)ので、violaからcosmosへメールフォルダ(~/maildir)の移動とSPAMフィルタの導入を行った。今回はIMAPサーバをたてないのと、procmailを使いたくないのでメールの読み書きなどの全て処理はcosmosで行うことにした。

昨日Wanderlustを入れておいたので、WanderlustからSPAM Filterを直接扱えることとせっかくだからRubyベースのSPAM Filterにしてしまえと言うことで、Spamassassinからbsfilterに変更してみた。なかなか軽快に動作するようなので、しばらく試してみよう。

;;; [[ Spam Filter Settings ]]

;; Use bsfilter as a back end.
(setq elmo-spam-scheme 'bsfilter)
(require 'wl-spam)

;; In moving to summary, judge whether a message is a spam.
(setq wl-spam-auto-check-folder-regexp-list '("\\+inbox"))

(setq wl-auto-refile-guess-functions
                '(wl-refile-guess-by-rule
                  wl-refile-guess-by-spam))

いったんはこんな設定。+inboxに入るときと自動仕分けするときにSPAMフィルタリングといいう設定だ。そのうちに詰めていこう。学習させる方法は結構簡単だったので、これまでのもどかしさはなくなると思う。(これまでは学習がめんどくさかったので。)


2004年01月01日 木曜日

Posted on 2004年01月01日 (木) in articles • Tagged with Photo, PC, Perl, Ruby, Scheme, Equipment, Linux, Portrait, Landscape

今年もみなさまよろしく。

ここを読んでくれているみなさん、僕の写真を楽しんでくださるみなさん、昨年は本当にお世話になりました。ありがとうございました。今年も変わることなくよろしくお願いします。昨年と同じですが、「一年の計は元旦にあり」と言うことなので、今年はどのような戦いを展開するか、「戦いの軌跡」と言う題にしているので、戦術や戦略について分野別に纏めておこう。

2004年の展望

はじめに概況

2004年の野望(何の?)を達成するための、戦術や戦略を述べていくことにする。上司の年賀状にも_今年は攻めと成果_と書かれていたので、アクティブに課題に当たり、しっかりとした成果を残さねばならないと思う。今まで攻めてはいたけど、成果を形にすることに拘っていなかったので、なるべく形になるように残さねばと思うのである。(これは特に本業について言える話であるが。)

経済的な状況はまぁ怪しい上に_新年早々車を買い換えることにした_ので、これを糧に仕事をするモチベーションを創出することとしよう。いやぁがんばらねば。あと多少余裕はできると思うので今年あたりからちゃんと貯蓄に励もうと思う。2月までを乗り切った後は何とかできると思う。

年末もそうだったが、やっぱり体調を壊しがちであることは否定できない。食生活はなる …


Continue reading

2003年10月14日 火曜日

Posted on 2003年10月14日 (火) in articles • Tagged with Equipment, PC, HTML, TeX, Physics, Scheme, Java, C++

日帰り出張

今日は某社まで日帰り出張です。(アンカー打って良いのか?) つ、疲れた。

SICP

先日某MLで話題になった「計算機プログラムの構造と解釈」を仙台の書店で探索したのだが、ここ最近の仙台の書店で欲しいと思った本はすべて在庫として持っていないことが分かった。この本も見つけられなかったので、八重洲ブックセンタにて購入。(ここでも危うく見逃すところだった。) この本は巷で「Wizard Book」と呼ばれている有名な本である。

原書は「Structure and Interpretation of Computer Programs」で、本文はWebで読むことが出来る。非常にありがたい本なのである。原書のWebを読めば分かると思うが、僕の貧しい英語力でも文章の良さを理解できる非常に素晴らしい文章なので、出来れば原書を読むのが正しいと思う。この本を日本語で読めるという_気軽さ_も必要だと思うので訳書を購入。おそらく原書も買うことになると思う。

僕の経験では、国内の著者が書いた自然科学・工学の分野の日本語の教科書で_文章の良さを感じる_本を_読んだことがない_。僕の貧しい英語力で英文の素晴らしさを感じることが出来る教科書を見てしまって、思わず日米の教育水準の違いに愕然とせざる得ない。(ちなみに前回愕然としたのは「Feynman:Lectures on Physics」で、ちらちら読んだのはもう10年以上前の話だ。) こういうあたりに国語教育の問題点(物を …


Continue reading