2006年06月16日 金曜日

Posted on 2006年06月16日 (金) in articles • Tagged with Excel, Photo, Equipment, VBA, 統計, Mathematics, C++, LaTeX, TeX, Ruby, Scheme, Network

Excel2007を評価中

体験って何だ・・・ というのは置いておいて、Excel2007 Betaをインストールしてみました。(正確にはOffice2007 Pro Betaだが)

Excel2007

メニューがなくなってリボンと言う奴になりました。最初は手惑いそうだけど操作自身は本質ではないし、まあ慣れれば気にはならないかも。マウスでオペレーションする方向になったような気はする。ちょっとしたことをするにもいちいち探索することが多いが、右クリックでうまく乗り切れそうではある。もうプルダウンメニューに飽きたし、IE7もそんな感じなので、Vistaではだいぶんかわるのだろう。とりあえずいろいろつっこみどころ満載のExcelで遊んでみよう。ざっくり使えるように設定の変更。

  1. デフォルトではVBA関係のアクセスができないので、アクセスできるようにする。
    • 「ファイル」-> 「Excelのオプション」->「個人設定」
    • 「開発タブをリボンに追加」にチェック
  2. Addinやマクロ関係の設定
    • 「ファイル」-> 「Excelのオプション」->「セキュリティ センタ」
    • 「セキュリティセンタの設定」は以下の物を設定。他はデフォルト
    • マクロの設定は「デジタル署名されたマクロを除きすべてのマクロを無効にする」
    • アドインの設定 「アプリケーションアドインに対し信頼できる発行元の署名を必須にする」

ここまで設定しておいてようやくVBAやつっこみどころ満載の分析ツールで遊ぶことができ …


Continue reading

2006年01月01日 日曜日

Posted on 2006年01月01日 (日) in articles • Tagged with Photo, PC, C++, 数値計算, 統計, Physics

あけましておめでとうございます

ここを読んでくれているみなさん、僕の写真を楽しんでくださるみなさん、昨年はお世話になりました。今年も変わることなくよろしくお願いします。毎年同じですが、「一年の計は元旦にあり」と言うことなので、今年はどのような戦いを展開するか、「戦いの軌跡」と言う題にしているので、戦術や戦略についてざっくりとまとめておこう。

2006年の展望

はじめに概況

2006年の戦いを進めるために、昨年の反省点を元にまぁいろいろ考えてみよう。昨年の正月同様前の会社の上司の言葉を借りることにして、本業はともかく少なくともプライベートな方面では、_攻めと成果にこだわっていこう_と思う。まぁ他にも手をつけていきたい物はあるので、少しずつ新しいことをしていきたいなとは思っている。

コンピュータ関連

昨年はコンテンツの自宅サーバへの移動をほぼ完了できたので、残っているBBSの設置などの整備を行っていく予定。気が向いたらBlogにしてもいいかと思うけれど、いろいろ問題(Trackback SPAMだのComment SPAMだの)がありそうなので技術を見極めていきたい。あとそろそろHDDの寿命が近づいていると思うので、適切なところでシステムのアップグレードを行っていくというとことか。

プログラミング関連は、C++を用いた数値計算・統計計算 …


Continue reading

2005年11月29日 火曜日

Posted on 2005年11月29日 (火) in articles • Tagged with Equipment, Excel, PC, 統計

はてなブックマーク - なんでもかんでもExcel症候群

気がついたらこんな所にリンクを貼られてしまっているとは... 世の中恐ろしいものだ。今のところこの日記はblog的な要素(trackbackとかcommentとか)を持っていないことと、サーバの引っ越しをしたときに実行環境の差でBBSが動かなくなってしまったので、読んだ人の意見が取れない・・・(BBS自身は入れ替えたいけど、時間がねえ。) ちょっと悲しいが、まぁ良いか。

統計関係のワークシート関数のうちよく使うものだけは何とかしたいものだなあ・・・


2005年11月23日 水曜日

Posted on 2005年11月23日 (水) in articles • Tagged with Equipment, Mathematics, PC, 統計, Physics, TeX, Photo

勤労感謝の日

今日は世間的には「勤労感謝の日」なのだが、僕の勤労を感謝してくれるような人なんていやしない。 働いていく上で襲いかかってくるのは、最近はソフトウェアなことしかやってないから、_ソフトウェア特許_とか_アイディア特許_だとかいった考えるだけでもうんざりするようなことしかありゃしない。ちなみに勤労感謝の日は皇室の新嘗祭にちなんだ祝日なので、_一般庶民の勤労を感謝している_と言う日ではないことを忘れちゃならない。

竹澤 邦夫 / みんなのためのノンパラメトリック回帰(上) 第2版

最近ちょっとした解析で導関数も必要な信号補間を行うことになったのだが、ずっと昔に研究室の先輩が平滑化スプラインを用いた補間を行っていたなあと言うことをを思い出した。あの当時はMS-DOSで動かしていたこともあって、いろいろな制約(補間処理をするのにデータを間引いていたとか、確実に配列が1セグメントよりでかくなるので)があったし、当時のPCの計算能力だと結構いい時間がかかっていた。今時のPCだと数秒かなと思い立ち調べてみた。

学生の頃平滑化スプラインの日本語の文献は、「Cによるスプライン関数—データ解析 CG 微分方程式」くらいしかなかったように思うのだが、ここ10年のコンピュータの高速化もあって、この手の …


Continue reading

2004年10月07日 木曜日

Posted on 2004年10月07日 (木) in articles • Tagged with Excel, VBA, Equipment, HTML, Ruby, 統計

Excel VBAは究極の「変数 = 箱」モデル

某MLに書いた内容ですが、僕が遭遇したExcelVBA的なものの発想法について。

ExcelVBAでのプログラミングでは、8月8日の日記福盛さんの日記で触れられているように、「VBAでエクセルのマクロを作る初心者がですね、変数の代わりにセルを使うんですよ」と言うような、matz日記で話題になった究極の「変数 = 箱モデル」に相当するようなコードを書く人が結構多い。

つまり、「ExcelVBAは普通のVBと違って、「手動で」かつ「視覚的に」変数領域を割り当 てられる、2次元でアドレス指定するポインタを持つBASICである。」と言い換えても良さそうですし、暴論を言えば、「一流のExcelVBA使いは1次元のポインタしかないCのポインタなど目をつぶって使えないとならない訳だ(暴論)。分からないなどと言わせぬ!」ということになる。まぁ実際に一流の(分かった気になって、有頂天になって、ナニか勘違いしている人_のことを言う)ExcelVBA使いのみなさんはこういうポインタに相当するものには名前をつけたりしなくて「全部直接セル参照」という神業をするので、構造化言語とかOOPとかにジャブ付けの頭しか持ち得ない僕なんかから見るとある意味「すげーっ!」(_絶対そうなりたくない)と思ったり、頭の中がどうなっているのかかち割って見てみたいなんて思っている_3流のへっぽこVBA使い_なの …


Continue reading

2004年08月04日 水曜日

Posted on 2004年08月04日 (水) in articles • Tagged with Physics, Mathematics, 統計

知識の無限の階梯

最近の議論から。物事を演繹的にもしくは帰納的に理解したい・教えたいという欲求は誰でもあるのですが、僕はそれは罠だと思うのである。ある理解したいことの起源や発見の動機や根源的な概念から筋を追って演繹的に順々に理解したり教えられたりできるとと格好がよいと思うのだが、実際はなかなかできない。僕は経験的に最初に習う(教える)時は可能な限り身近な具体的なものを手にとってと言うのが、一番だと思うからだ。

まぁ言い出すと知識という物は無限の階梯が広がっていると思うわけだ。僕は物理屋さんの端くれだったので、さかのぼった物の見方をしてみる。たとえばスタックとか言った電子回路的にも存在する記憶データ構造について考えてみることにすると、

電子回路屋さんだったらこういうかも知れない。

記憶モデルについて学ぶんだったら、現実の電子回路(LSI)上での実装を学んでみて欲しい

回路素子屋さんだったらこういうかも知れない。

  • 現実の記憶素子はSRAMやDRAMやFlashメモリの動作原理も記憶を司る物であるから、やっぱり動作原理を押さえて置いて欲しい。
  • 現実の記憶・回路素子は、トランジスタが基本だから、トランジスタの動作について学んで欲しい

半導体物性屋さんだったらこういう言うかも知れ …


Continue reading

2004年05月14日 金曜日

Posted on 2004年05月14日 (金) in articles • Tagged with Physics, Equipment, Mathematics, 統計

竹内 薫 / 「『ファインマン物理学』を読む 量子学と相対論を中心として

今日いつも巡回している書店の物理関連書籍を眺めていたら、「『ファインマン物理学』を読む!」と言う直感的なタイトルの本が置いてあったので眺めてみる。著者はNatureから出ている本の翻訳をされているサイエンスライターの竹内氏の新しい本。「『ネイチャー』を英語で読みこなす」という本も面白くて結局買っちゃった経緯があるので眺めてみたわけだが...

リチャード・ファインマンの「ファインマン物理学」という本は世間一般の評価では「教科書」と言うことになっていると思うのだが、僕はファインマンという飛び抜けた才能を持った物理学者の頭の中身をかいま見せてくれる非常に優れた「講義録」と理解している。とにかく面白いのである。我が家の書棚にも元物理を志しただけあって、全5巻がそろっている。学生時代に熟読したのは第3巻の「電磁気学」なのであるが、電磁気学を熟読したのは恐ろしいほど電磁気学を必要としていたためで、理解のイメージも欲しかったのと、非常にこなれた説明で分かり易かったと言うことがあるからかもしれない。

ただ全5巻そろっているわけだが、僕自身は最終巻の第5巻「量子力学」にはほとんど手を付けていない。内容は何度か眺めているのだが、学生の頃 …


Continue reading

2004年01月02日 金曜日

Posted on 2004年01月02日 (金) in articles • Tagged with Equipment, Linux, Excel, 統計, Java, Mathematics, LaTeX, TeX

「南国のバラ」と「皇帝円舞曲」と「美しく青きドナウ」

正月と言えば、ウィンナーワルツと言うことで、久しぶりにウィンナワルツの入ったCDを取り出してみる。今年はVPOのニューイヤーコンサートを見逃したので、CDで我慢という訳なのだが。(すっかり忘れていたとも言う。) 今日は出かける予定もあったので車でワルツを聴きながら移動というのもなかなか良いかもしれない。

「美しく青きドナウ」は言わずとしれたヨハン・シュトラウス II世の名曲で、僕がクラッシックを聴き始めたきっかけになった曲なので、クラッシックを聴き始めた高校生の頃の思い出が詰まった曲でもある。スタンリー・キューブリック監督の映画「2001年宇宙の旅」で、宇宙船が宇宙空間を移動するシーンで印象的に使われていたのでそのイメージが抜けない曲だけども、華やかで流麗な曲と言えばこの曲が真っ先に思い浮かぶ曲で、今でも短い管弦楽曲の中ではトップクラスに気に入っている曲である。

「美しく青きドナウ」と同じくらい長く愛聴しているワルツといえば、「皇帝円舞曲」であろうか。出だしから豪華で、特に中盤部の華麗な展開がやっぱりたまらない名曲だと思う。車を運転している時に気分が良くなっちゃう曲はこの曲を置いて他にあるまい。(「美しく青きドナウ」や「ウィーンの森の …


Continue reading

2003年07月16日 水曜日

Posted on 2003年07月16日 (水) in articles • Tagged with Equipment, Excel, 統計, Network, Linux, BSD, Mathematics, EOS 5D系, VBA, HTML

GNU R

まじめな統計計算を滅多にしないので、Excelで十分かと思っていたが、ずいぶん前から直らないバグが結構あり、場合によって_Fatal_なので、Excelでの統計計算にあきれていた。かといって、proprietaryな統計計算パッケージ(たとえばSとかS Plusとか)は非常に高価で入手不可能であるため、Excelを我慢してうまく使い続けてきたが、GNUのSとも言うべきRの日本語化が結構な勢いで進んできたので、これはしたりと思ったわけである。Rって何?と言う人もいると思うので、以下にR Projectのページに載っている説明文を載っけてみる。

Introduction to R

R is a language and environment for statistical computing and graphics. It is a GNU project which is similar to the S language and environment which was developed at Bell Laboratories (formerly AT&T;, now Lucent Technologies) by John Chambers and colleagues. R can be considered as a different implementation of S. There are some important differences, but much code written for S runs unaltered under R.

R provides a wide variety of statistical (linear and nonlinear modelling, classical statistical tests, time-series analysis, classification, clustering, ...) and graphical techniques, and is highly extensible. The S language is often the vehicle of choice for research in statistical methodology, and R provides an Open Source route to participation in that activity.

One of R's strengths is the ease with which well-designed publication-quality plots can be produced, including mathematical symbols and formulae where needed. Great care has been taken over the defaults for the minor design choices in graphics, but the user retains full control.

R is available as Free Software under the terms of the Free Software Foundation's GNU General Public License in source code form. It compiles and runs out of the box on a wide variety of UNIX platforms and similar systems (including FreeBSD and Linux). It also compiles and runs on Windows 9x/NT/2000 and MacOS.

Rは統計計算とグラフィックスのための言語と環境である。Bell Laboratories(正しくは AT&T;、いまのLucent Technologies)のJohn Chambersとその同僚によって開発されたS言語と環境に …


Continue reading

2002年04月25日 木曜日

Posted on 2002年04月25日 (木) in articles • Tagged with Linux, Equipment, Physics, PC, Mathematics, Java, C++, 数値計算, 統計, Network

Linux Japan 休刊?

Slashdot-jpの記事から。正式な発表を見いだしていないが、おそらく休刊であろう。休刊になりそうな理由はいくつも思いつくが、最近雑誌を買おうと思わないうえ、Linux Japanに魅力的な記事や連載がないと言う時点ですでに購入の対象から外れている。創刊された時期を覚えているだけに残念であるが、時代の流れのような気がする。

最近思うのであるが、PC系の雑誌、特に開発者向けな雑誌は資料的価値があるので、記事の電子データをすべて添付して欲しいと思うのは僕だけであろうか。雑誌を物理的に保管するスペースがない上、紙媒体だと検索性がないため、文書としての利用価値がどうしてもないのです。内容は玉石混合で、内容の新旧はあるけれどまだWebの方がマシ。どうにかして欲しいと思うけど、やっぱり無理なのかしらねぇ。

多変量解析

Javaで統計計算と思って、多変量解析のサンプルコードがないかなぁと思って探索中。なかなかないものだ。手持ちに数値計算で遊んでいた頃にバイブルとして使っていたNumerical Recipes in Cは持っているんだけど、所望のプログラムの依存しているソースをさかのぼるのがちと面倒なところがこの本のいただけないところ。この本はライブラリを組み合わせて使う本なので、全部打ち込めばよいのであるが、さすがにめんどくさ …


Continue reading